笑顔がいっぱい腹話術 てるぼ

子育てカウンセラーのてるぼです。コミュニケーションスキルを取り入れた腹話術も行っています。

 

パペットセラピー

パペットセラピー

「パペットセラピーとは、パペットを介在させて、相手と対話するかかわりにより、その心身に好ましい効果をもたらす療法」  日本パペットセラピー学会では、腹話術人形(口が動いて対話機能のある人形)を「パペット」と呼びます。―日本パペットセラピー学会より―

パペットを片手に、教育・心理臨床・医療・看護・療育・福祉で活動している方たちがたくさんいます。

パペットは、自分をみつける
コミュニケーションツール

~~~相手のことを知るコミュニケーションツールです~~~

ラムちゃん
Q.親子でパペットセラピー?

A.パペットを使いながら、
母親自身(セルフセラピー)と
そして、大切なお子さんへの言葉がけに使います。
同じ言葉がけをするのなら、楽しく
そして、心に届く言葉がけを。
コミュニケーションが取りやすくなります!

犬のさいさ
Q.ワークショップではどんなことをするの⁉

A.パペット作りとパペットの介在方法をお伝えいたします。
(親子編)
親子でパペットを作ります。
この時間はとてもあたたかい空気が流れているよう!
お子さんの様子を見ながら、
お子さんの新しい気づきに出会える時間です!
パペットを作った後は、パペットに言葉を伝えていきます!

(児童編)
自分だけのパペットを作ります。
パペットを作ることで愛着がわいてきます!
どんなキャラクターに育てようかなー?

ひまわり
Q.パペットを使うとどんなことにいいの?

A.パペットはどんな時もあなたの味方になってくれます。うれしい時、寂しい時、つらい時、悲しい時、、
いつもパペットは、あなたの気持ちを聞いてくれます。

忙しい子育て、パペットでストレスなく言葉がけができます。

パペットと話していると ひまわりが太陽を追いかけながら 花の向きを変えるように
本当の自分の気持ちに 気づくことができます。
そして 自身の気持ちに気づいた時 何か新しいことが待っているかもしれません。
あなた自身が輝けるよう!

犬のさいさ
こんな人におすすめ!
  • 自分の気持ちがなかなか言えない
  • 自分の気持ちがわからない
  • 子どもがお話を聞いてくれない
  • 育児で困っている
  • 子どもとの接し方がわからない


【参加者の声】

  • しつけの時の言葉がけに使いました。
  • 親の言うことは聞いてくれないのに、パペットの言うことは聞いてくれます。
  • 子どもへの気持ちや日頃の愚痴を独り言のようにパペットに言わせ会話し、気持ちを吐き出すことができました。そうすることで、子どもに対して落ち着いて接するようにできる回数が増えました。
  • パペットと話していると整理しやすいです。
  • 同じ気持ちになってくれる感じがします。
  • いつもより優しく子どもに話しかけられるように感じました。
  • パペットを作りながら、子育ての悩みを聞いてもらえて、ストレスもやわらいで楽しかったです。
  • 私(親)に反抗的な事が最近多かったので素直な子どもの心と話ができて楽しかったです。
  • 親とのふだんのやりとりとはまた違った会話ができ楽しめました。言葉の使い方であらたな一面をみることができました。
  • 自分の言葉よりもやさしいふんわり言葉で子どもと会話できました。

ページのトップへ戻る